注文住宅を建てたいというときにはどのくらいの費用がかかるのかを把握しておくことが大切です。十分に予算を確保するとともに、資金を手に入れる方法も知っておくと役に立ちます。具体的にどんな準備をしておくと良いのかを理解しておきましょう。

注文住宅のための予算確保

注文住宅を建てるときには莫大な費用がかかることは確かです。そのための予算を確保しておくことが大切ですが、どのくらいのお金があったら良いのでしょうか。現金がどのくらいの準備が必要なのかを把握しておきましょう。

注文住宅を建てるときの相場

マイホームを購入するときに、大きく分かれるのがマンション購入にするか、一戸建て購入にするかです。ここで一戸建て住宅を選んだ場合には、さらに建売一戸建…

現金を確保しなければならないのはなぜ?

住宅を購入するにはかなりのお金が必要で、数千万円以上は考えておく必要があるでしょう。と言ってもそのすべてを用意しなくても買える仕組みがあり、住宅ロ…

将来のために注文住宅を手に入れよう

注文住宅を建てるときはまず意識したいのが「窓」です。窓は大きければいいものではありません。小さくてもその窓がその家にとってどんな意味があるのかを、デザインしてくれる人と話し合って設置しましょう。

注文住宅のための資金確保の方法

注文住宅を建てるのにお金が足りないということはよくあります。手持ちの現金だけでは到底足りないというケースが多いですが、どのようにして資金を確保したら良いのでしょうか。一般的に利用できる方法を知っておきましょう。

住宅ローンが代表的

住宅の仕様によっては補助金も取れる

本当に資金確保が難しいときはどうする?

少なくとも確保しておきたい予算額とは

注文住宅費用の内訳を知る

注文住宅を建てる際まず費用の内訳を理解しておかなくてはいけません。注文住宅の場合は土地購入と家屋の建設の費用がかかります。土地を購入する際に手付金(土地価格の5%~10%)購入残代金(土地価格―手付金―住宅ローン)、そして購入の際にかかる諸費用(印紙税・仲介手数料)等がかかります。ただし、土地を買う時の条件や工事の行程、住宅ローンの組み方によっても価格に違いがでます。 家屋建設の際ですが、まず工事契約の時点で工事契約金(建築費用の10%)、建築確保申請費がかかります。着工時には着工金(建設費の30%)、地鎮祭費用(5万円~10万円)がかかります。上棟の際には中間金(30%)の支払いと上棟式費用(10万円~20万円)がかかります。引き渡しの際に建築費の残金の支払いと建物登記費用(不動産登記・抵当権設定登記に必要な登録免許税)等がかかります。

適正な予算額の出し方

注文住宅を建てる場合、年収の5倍の予算額といわれています。年収の違いや家族構成による生活費、自己資金の額によっても違ってきます。住宅ローンで借りられる上限は80%であるなどを踏まえて、無理のない予算設定が大切です。住宅購入予算は自分で求める事ができます。 住宅購入予算の出し方は「年収×年収倍率+自己資金-諸費用」です。 しかし住宅金融支援機構の調査による2015年度のフラット35利用者調査によると、年収倍率の平均が約6.1倍になっていることが明らかになりました。それをもとに用意できる自己資金の金額を計算することで、適正な予算がわかり、住宅ローンも組みやすくなります。大切なのは無理なく返済をしていく事です。

© Copyright Realistic Custom Home Budget. All Rights Reserved.