現金を確保しなければならないのはなぜ?

住宅ローンは完成後でないと使えない

住宅を購入するにはかなりのお金が必要で、数千万円以上は考えておく必要があるでしょう。と言ってもそのすべてを用意しなくても買える仕組みがあり、住宅ローンを利用すれば毎月10万円ほどの返済を続ければ購入可能です。ただし住宅ローンの仕組みとして建物を担保にするようになっていて、完成して価値がある状態でないといけません。つまり注文住宅を建てる時には完成まで住宅ローンが利用できない状態になります。建売住宅やマンションであれば契約後すぐに住宅ローンが組めますが、注文住宅では住宅ローンが組めるまでの支払いを現金で行う必要があるので事前に用意しておきましょう。着工金などは高額になるためにつなぎ融資を使って用意するなどが必要です。

契約にかかる諸費用は現金払い

住宅を購入する時には契約が必要で、契約を実行するに当たっては手付金の支払いが必要になります。取引金額の10パーセント程度が多く、3千万円の住宅なら3百万円ぐらいを払わなければいけません。この部分を住宅ローンを利用して支払いはできないので現金で用意するしか方法がありません。その他に土地や建物を取得すると登記が必要で、正しい登記を素人が行うのは難しいので司法書士などに依頼をします。登記そのものに関する費用の他司法書士への依頼料が必要でこちらも現金で支払わなくてはいけません。住宅に関わる支払いの多くは住宅ローンで後払いにできますが、すべて後払いになるわけではありません。注文をする段階でいくら必要かを計算してその現金を用意しておくと良いでしょう。

分譲住宅は実物をしっかり見れるので、購入後の生活のイメージがしやすく、入居までの予定も立てやすいので新生活もゆとりをもって始められます。

© Copyright Realistic Custom Home Budget. All Rights Reserved.