注文住宅を建てるときの相場

夢のマイホームを注文という形で手に入れる

マイホームを購入するときに、大きく分かれるのがマンション購入にするか、一戸建て購入にするかです。ここで一戸建て住宅を選んだ場合には、さらに建売一戸建て住宅を購入するか、注文住宅を購入するかに分かれます。注文住宅を購入するということは、自分の理想の間取り、自分の理想の玄関ドア等、いろいろな部分で自分の想いを形にすることができるので、最高の家を手に入れることになります。注文住宅を建てる場合は、建売の家に比べると費用が全体的に高くなるのが一般的です。かかる費用はどれくらいの面積の家を建てるのかによって異なりますが、100平米程度の2階建て住宅を注文住宅で建てるなら、上物だけで1500万円もあれば、十分立派な家が完成します。

計算してお金を確保しよう

注文住宅でだいたいどれくらいの費用がかかり、土地代でだいたいどれくらいの費用がかかるかわかれば、注文住宅を建てる際の総額費用の概算がわかります。あとは、頭金をどれくらい用意できるかにより、住宅ローン借入額もおおよそ決まるでしょう。注文で家を建てるということだけにとらわれ過ぎてしまうと、お金のことが疎かになりますので、並行して予算確保も検討していきます。素晴らしい注文住宅で家を手に入れることができたとしても、月々の住宅ローン返済額が大きかったり、ボーナス返済額が大きかったりすれば、毎日の生活が窮屈になります。これではせっかく住みやすい注文住宅を手に入れても意味がありませんので、お金の部分は十分注意して臨みたいです。

建売住宅は、土地と建物がセットになって販売している新築の住宅です。現場では、実際に家が建っている場合と基礎だけができている場合や更地の状態のままになっている場合があります。

© Copyright Realistic Custom Home Budget. All Rights Reserved.