本当に資金確保が難しいときはどうする?

資金確保の基本は住宅ローン

注文住宅の購入を考えているとき、最大のハードルとなるのは資金確保でしょう。マイホーム購入は人生における最大の出費になることが多いです。注文住宅のメリットは自分の希望をそのまま反映できることですが、それゆえに費用が高額になりやすいです。資金確保の方法は住宅ローンを利用するのが一般的で、うち頭金は住宅購入総費用の25%くらい用意するのが好ましいでしょう。もちろん頭金が多いほど将来的に支払うべき利息は少なくなります。頭金を確保できない状況にあるなら、頭金なしで申し込みできる住宅ローンを利用するか、頭金を貯めるまで待つという選択肢があります。頭金を用意するためにキャッシングなどを利用する人がいますが、住宅ローンとは比較にならないほど金利が高いので得策ではありません。

借入総額を減らすことがポイント

注文住宅は建売住宅よりもずっと高額になると考えている人が多いですが、実際はあまり差がないという現実があります。確かに理想をすべて反映させると注文住宅の金額は青天井になりますが、妥協をすれば建売住宅並みに費用を抑えることができます。資金確保で失敗しないためには、組めるローンの範囲内の金額で考えるとよいでしょう。2,000万円のローンだと組めないという人でも、1,500万円なら組めるかもしれません。審査の通過率を高めるためには、頭金の金額がポイントになってきます。多ければ多いほど借入総額が減りますので、相対的に審査は有利になるのです。頭金を用意できない場合は借入総額が増えるので、必然的に返済期間も長くなります。こうした場合は繰り上げ返済を積極的に行い、利息を減らしていく方法が得策です。

一戸建ての家のよい所は、集合住宅に比べて生活音があまり響かない所です。自分だけの敷地があるので、気にならずに安心して生活ができます。

© Copyright Realistic Custom Home Budget. All Rights Reserved.