住宅ローンが代表的

注文住宅の資金確保の手段は住宅ローンが主流

注文住宅を建てるときの資金確保は、現金が最もお得なのは間違いありません。現金ならローンを組む必要はなく、利息の支払いも不要です。ただ現実的に一括で住宅購入をできる人は数%という統計があり、ほとんどの人は住宅ローンを利用しています。最近は住宅ローンが低金利化しており、以前よりぐっとお得になりました。ローンを活用すれば教育資金や老後資金の確保を並行できるので、生涯設計をしやすくなるメリットもあります。住宅ローンを利用するときは低金利で借りること、頭金をなるべく多く用意することがポイントになります。住宅ローンは35年などの長期返済になることが多いため、たった1%の金利の違いが非常に大きいです。頭金は注文住宅の購入価格の20~25%程度は欲しいです。頭金がゼロだとローンの審査が厳しくなり、借入できない可能性が高くなります。

なぜ住宅ローンは若いうちに組んだほうがよいのか?

注文住宅を建てる年齢は、若ければ若いほどよいのは間違いありません。一括購入ができるなら年齢は関係ありませんが、住宅ローンを利用する場合は完済時期から逆算して考える必要があるのです。例えば35年ローンを活用して65歳までに完済したい場合は、30歳で組まないと間に合いません。65歳を過ぎると年金生活になる人が多いため、給与収入時代より生活は厳しくなるでしょう。そのため定年退職までにローンを完済する計画を立てるのが好ましいです。最近は頭金なしで組める住宅ローンが登場していますが、頭金をゼロにすると借入総額が増えるため、完済までに支払いする利息が大きくなります。利息を節約するためには頭金をいかに多く確保するかが鍵となります。

© Copyright Realistic Custom Home Budget. All Rights Reserved.